MDC-iT80 typeE - LAN対応リモートI/Oモジュール

製品名 MDC-iT80 typeE
製品概要 ネットワーク型リモートI/Oモジュールの標準機
製品内容 ・MDC-iT80 typeE本体
・電源アダプタ
・リモートI/OソフトウェアCD(Windows版)
・取扱説明書
・保証書
標準価格 \88,000(税別)
ダウンロード
PDFアイコン カタログ(約301KB)
MDC-iT80 typeEの写真

デジタルリモートI/O

MDC-iT80は、入力8点、出力8点のデジタルI/Oをリモート操作するLAN対応のユニットです。

モニタリング/遠隔操作

既設のネットワークを利用して、パソコン側から接続機器のモニタリングおよび、遠隔操作を行うことができます。店鋪、ビルディング、公共施設、マンション、住宅などのセキュリティー、省エネシステムや工場の設備稼働監視システム、生産管理システムなどの構築のためのツールとして抜群のコストパフォーマンスを発揮します。

入力ポート8点

入力8ポートはコイル電圧を選択できるリレー(OMRON‐ G2R )用ソケットを装備し各種の定格電圧リレーの中から選択できます。各入力ポートはカウンタ機能を持っていますのでON/OFFの回数(個数)管理ができます。

出力ポート8点

出力8ポートは、独立したコモンの定格負荷5A接点出力で、A 接点が4点、C接点が4点の使いやすい構成になっています。

RS232Cを装備

RS232Cインターフェイスを標準装備していますので、接続機器からのテキストデータを上位PCにアップロードできます。

システム構成図

付属のI/Oコントロールソフトウェアで、MDC-iT80を8台まで管理することができます。

システム構成図-iT80typeE

リモートI/Oコントロールソフトウェア

MDC-iT80には、TCPコマンドを用いた専用のリモートI/Oコントロールソフトウェア(Windows版)が標準で付属しています。標準仕様でMDC-iT80を8台までリモート操作(管理)することができます。
--[主な機能]-----
●入出力接点情報のモニタリング
●出力接点の手動によるON/OFFコントロール
●条件設定による出力接点の自動制御
●電子メールによる遠隔地へのイベント通知
●RS232Cから受信したテキストデータの保存
●入出力接点のログデータファイルの作成

  • <I/Oモニタリング画面>
    I/Oモニタリング画面
  • <接続画面>
    接続画面
  • <出力条件一覧画面>
    出力条件一覧画面
  • <稼動ログ画面>
    接続画面
  • <メール送信設定画面>
    接続画面
  • <出力条件設定画面>
    接続画面


※本項に記載されている用語及び製品名は各社の商標又は登録商標です。※製品改造のため外観及び仕様の一部を予告無く変更することがあります。