MDC-iT80 typeE - LAN対応リモートI/Oモジュール

製品名 MDC-iT80 typeE
製品概要 ネットワーク型リモートI/Oモジュールの標準機
製品内容 ・MDC-iT80 typeE本体
・電源アダプタ
・リモートI/OソフトウェアCD(Windows版)
・取扱説明書
・保証書
標準価格 \88,000(税別)
ダウンロード
PDFアイコン カタログ(約301KB)
MDC-iT80 typeEの写真

MDC-iT80のTCPコマンド

MDC-iT80では、下記のTCPコマンドを用いて、お客様ご自身が作成されたプログラムにより、入出力ポートをリモート操作でコントロールすることも可能です。

setoutp 指定出力ポートをON/OFFします。
setoutd 全出力ポートをON/OFFします。
getoutp 指定出力ポートの状態を取得します。
getoutd 全出力ポートの状態を取得します。
getinp 指定入力ポートの状態を取得します。
getind 全入力ポートの状態を取得します。
getcunt 指定ポートのカウント値を取得します。
setcunt 指定ポートのカウント値を設定します。
getcom RS232Cインターフェイスから受信したデータを取得します。
quit TCPコマンドの終了。

MDC-iT80は、上位PCからの要求コマンドに従った処理を実行後、返送データを返信します。
[コマンド]setoutp 2=1(出力ポート番号2をONにする。)
[返送データ]setoutp 2=1
※「2」はポート番号1~8を指定、「1」は出力状態1=ON/0=OFFを指定。
[コマンド]getoutp 1(出力ポート番号1の状態を取得する。)
[返送データ]getoutp 1=0
※「1」はポート番号1~8を指定、「0」は出力状態1=ON/0=OFF。 (上記の例はOFFの場合)

MDC-iT80の主な仕様

リレー接点入力 OMRON-G2R1S用ソケット ×8
入力部コネクタ XW4B-06C1 ×3
リレー接点出力 OMRON‐ G6RN1 ×8
出力部コネクタ XW4B-06C1×2 XW4B-08C1 ×1
ネットワーク 10BaseT
RS232C 1200 ~38400BPS
表示 LEDランプ(出力×8/入力×8/Power/LAN)
キーボード PS2仕様(Mini-Din)
電源 専用電源アダプタ(別売)、または外部よりDC5V 1.6Aを端子から供給
寸法 D103mm×W210mm×H53mm(突起部を除く)
重量 約400g
使用条件 温度5~35℃(保管時-10~50℃)
湿度20~80%(結露無きこと)
強い振動、ガス等が無いこと
内部構造 LAN対応リモートI/Oモジュール(絶縁型DI/O)の内部画像


※本項に記載されている用語及び製品名は各社の商標又は登録商標です。※製品改造のため外観及び仕様の一部を予告無く変更することがあります。